So-net無料ブログ作成

レビュー感想,口コミ,ネット通販,ネット配信映画,コミック,小説,口コミ評価,

記事一覧

映画ちゃんねる
映画 ギフテッド / gifted を観ました。メアリーを演じた子役の達者な演技には泣いてしまいました。叔父はキャプテンアメリカの人だったのね...というこひと..

記事を読む

本棚ちゃんねる
カスタマーレビューを見て少し気になっていたスキエンティアの感想レビューです。※Kindle版で読むスキエンティア漫画のあらすじ本作品は全七話で構成され、スキエン..

記事を読む

映画 ギフテッドのあらすじとネタバレ感想。

映画 ギフテッド / gifted を観ました。

メアリーを演じた子役の達者な演技には泣いてしまいました。

叔父はキャプテンアメリカの人だったのね...

というこひとで、観たてほやほやのあらすじ感想です..即興書き..

概要
フロリダの小さな町で7歳の姪メアリーと暮らす叔父で独身男のフランク、片目猫フレッドとささやかでも幸せに暮らしていたが、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始め、フランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためフランクから引き離そうとする。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクには、亡き姉から託されたある秘密があったのだった…

ギフテッド あらすじネタバレ




あらすじと言っても、概要のとおりだったけど、

やはりね...この手の映画は、なんというか....

日常的な延長線上というか...ほのぼのとした感覚でしょうか?

叔父のフランクと姪っ子のメアリーの微笑ましくなる生活が

なんかいい感じで展開していくと...

天才的数学の能力をもったメアリーの行動が微笑ましくて笑える。

メアリーのお母さんも実は数学の天才で..途中出てくる

ばあちゃんも数学に精通している..いわば遺伝的にメアリーが

受け継いでしまったというわけ....

でも母親は、ある数式・・を解く手前までいき..期待されたほどの

人だったけど...自殺してしまう。それを知ったのが、

メアリーが通い始めた学校の担任の女の先生で、


メアリーの計算能力に唖然として..ネットで調べて

母親は偉大な数学の難問を解かないまま自殺したことを知る..

自殺する前に二、弟のフランクのところにいく..そして

赤ん坊のメアリーを託したまま...弟には、

娘には自分のような生き方でなく.

普通の子の様に生きてほしいと託す。


メアリーのおばあちゃんであり、フランクの母親が厳格で

娘の数学の才能のために、娘の彼氏との仲をダメにしたりしてる

いわば、娘のような特別な才能を持った人間は、

歴史に名を遺すかもしれないことをするから..

他のことは犠牲にしてもいい..なんて考え方を娘に押し付けた..

弟には母親に対してすごく怒っていたことを

自殺前に打ち明けている....

だが..孫のメアリーにもその才能がある知った祖母のエブリンが

メアリーをフランクと住んでいる所は、メアリーの才能を

伸ばせないからと...引き取ろうとし..あげく息子と

メアリーの親権で、裁判に持ち込んでしまう...

でも、両者一歩も譲らずな状況で、妥協策である

里親にメアリーを出すという提案がだされ...最初は

反対するフランクだったが、里親と面会...結局メアリーは

里親のところへ.....片目猫フレッドも一緒に

里親のところでメアリーが.....泣きつく...

一緒に帰る....置いていかないで...

『この子の演技に泣かされたよ~~~』

でも週一は会いにこれる....そんなに遠くもない場所だし..

そのあとメアリーに会いに行くフランク..

里親の父親が合わせられないって言う..

メアリーが癇癪を起して..フランクに会いたくないって言っている..

沈むフランクの表情....


でも結局..片目猫フレッドが里親募集のチラシに

載っているのを見つけた担任だった先生がフランクに連絡...

その流れで..メアリーを取り戻すことはできた..

なんで私をおいていったの...

絶対に離れないって約束したのに...

俺の間違いだった...とフランク...

その時、フランクの母エブリンも来ていて..

メアリーに数学を教えに来ていた...

フランクは母エブリンにあるものを渡した..

それはメアリーの母親が取り組んでいたもので

解けなかったと思われていた数式の問題の答えが

記されているノートだった...

実は自殺する前に、すでに解いていたのだった...

これをフランクの母エブリンが死んだ後に公表してほしいと

フランクに託したものだった。

私が死んだ後に...

姉さんは母さんのことすごく怒っていたから..

だったらなんで私にこれを?

姉さんは頑固だったけど..浅はかなとこもあった..

もういいんじゃないか...

フランクはそれを母エブリンに預けるのだった。

まぁ 良かったですよ..メアリーのちょっと小生意気なとこも

子供らしいところ..夕日を背にして

フランクとじゃれている子供らしいところも

フランクとさよならする里親の家での

あのシーンも..演技に100点あげたいくらいでした。

おじさん完敗です...泣いた分だけ..

スキエンティア 感想とあらすじ。「世にも奇妙な」での原作話

カスタマーレビューを見て少し気になっていた

スキエンティアの感想レビューです。※Kindle版で読む

スキエンティア漫画のあらすじ


本作品は全七話で構成され、スキエンティアタワーという高層ビルの

屋上に、知識と科学を意味する女神像「スキエンティア」が設置されており、

最終話を含む7話全てが、スキエンティアタワーの建つ街で繰り広げられる。

第一話「ボディレンタル」

第二話「媚薬」

第三話「クローン」

第四話「抗鬱機」

第五話「ドラッグ」

第六話「ロボット」

最終話「覚醒機」

たしか、世にも奇妙な..でドラマ化されたのが、

第一話「ボディレンタル」であったらしいが私は視聴していなかった。

SFが題材の近未来型物語にはなっている。

スキエンティアの建つこの街で暮らしている各話の主人公たちの

悩みや葛藤や過去の生い立ちといった人間模様が中心に話は展開している。

そのうえで、近未来では存在してそうな科学の力を借りた

モノ!?を使って、人生は変えられるのか?といった感じになっている。

ただ、話の全てにおいて、意外性とか、予想外の展開で泣かされた..

という類の話ではなかったというのが、個人的な感想です。

それが逆に、リアリティーというか、人間の心理模様を描いているだけに

現実味があって、なんだか心に残ってる..みたいな読後感を得ました。

また..この漫画のタッチはけっしてうまくない...

でも、表情の描き方とかが...なんとなくいいんだけどね...


  • 第一話「ボディレンタル」


もう死にたいって自殺願望を持ってしまっている20代の女の子の香織が、

見つけた求人広告がきっかけで、全身まひの老女の遠藤さんの要望で、

自分の体を貸してあげることになった...つまり

女の子の首の後ろに手術を施して、受信機を取りつけて、

老女の脳波を飛ばし、遠隔操作で女の子の感覚、運動神経を

操るということだった。こんな話です。

香織の父は家を出ていき、母親は彼氏を家に連れ込み飲んだくれていた。

香織は高校も途中でやめて、そんな実家に愛想が尽きたように出ていく。

同棲して付き合った彼氏にも、ぐちぐちうるさいと出て行かれる始末で、

こんな自分だから親にも見捨てられたのだろうかと..香織は考えてしまっていた。

こんな心理状況の主人公なもので、将来への希望すらない..

今さえ生きる気力もない..夢もないのに頑張るのってつらいな..

バイトしながら、そう思った香織は、もう疲れた..

死ぬ前にせめて誰かの役に立ってから死のう..としていた。

そんな矢先にネットで見つけた、自殺願望者希望の求人広告、

仕事内容は全身まひの女性の医療的サポート..

なんかこれ怪しい..とはおもいつつ..年齢その他の条件が

自分に当てはまっていたことで、連絡をとったのだった。

この手術は、いわば、全身まひで自分の身体を動かせない

遠藤さんは自ら住んでいるスキエンティアタワーの一室にいながらにして、

外にいる香織の体をうごかせるというわけ///

この時は香織には自分の体への感覚はなく、目と耳と口だけは

遠藤さんと共有できるから、会話はできるのだ。

体は遠藤さんが所有して、口と目と耳だけは遠藤さんと共有できるから

お互い会話したり、香織は遠藤さんのすることを、

映画を観ている感じで見ることができる。


遠藤さんは若いころからがむしゃらに働いて、若いうちに

全身まひになってしまい、もう一度だけでいいから働きたい..

それが出来たら納得して死ねるからと打ち明けた。

普通ならこんな申し出はとても受けられることじゃないが、

香織は、自分には捨てるものもないし..

こんな話でもすぐに了承してしまうのだった。

そしてやりたかった仕事をみつけて、一か月だけの短期のバイトを

始めた遠藤さん。

若いころは、バリバリのキャリアウーマンのごとく

働いた遠藤さんだけにバイトも一生懸命になって働いた。

そんなある日、シャワーを浴びた後に鏡に映った香織..自分の顔を見て

遠藤さんってすごい..前の私とは全然顔が違うことに気付く..

中身が違うとこんなにも違ってくるのかと驚く香織。

こんなに人と楽しく、生き生きと暮らせるのか...


ところでこの遠隔操作の装置は、オンオフができるので、

一日が終わった夜に、オフにすることで、香織は自分の体の感覚を

取り戻すことができるのだが..この時に ズシン!!! とした

重み「疲労感」を受けてしまう..それだけ遠藤さんが香織の体をつかい

存分に活動した..仕事した..生きた証だった。

遠藤さんは、香織にありがとうと礼をいう..そして

あんたもやるんだよ...できるよ...と香りを励ますのだ。


そして香織は新しい仕事の面接を受けるために、

軽い足取りで自宅をで出る。

その顔には、死のうとしていた時の陰鬱さはもうどこにもなかった。

そしてそれを見届けるかのように、街を見下ろすスキエンティアの女神。

あらすじはこんな感じです。

全話にわたって感じたことは、なんか考えさせられるな~~ということ..


第三話「クローン」や第六話「ロボット」なんかも個人的に

好きでした。

「クローン」はちよっとウゥッ~~ってきてしまった。

なんか夜中、一人で、小さな光の下でじっくりと読むのが

この漫画はいいのかな~~って感じたりしました。

話自体も読みやすかった。

Copyright © デジコンちゃんねる All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

So-net無料ブログ作成