コミック全7巻をすべて読みました。聲の形 コミック 全7巻完結セット



さすがに、これほど泣き疲れてしまうという経験はめったにない。

聲の形の率直な感想である。むろん最終回まで泣かされ続けた。

確かに扱っている内容は、人によっては不可解で重いものになりえる。

しかしこの声の形を最終回まで読んでいくと、この話...

色々考えさせられる部分もすごくあると思います。

「登場人物まとめ」
石田将也 / 主人公 物語の語り人
西宮硝子 / 耳の不自由な転校生
佐原 / 小学時代の女子クラスメイト


聲の形


聲の形7巻【電子書籍】[ 大今良時 ]

転校してきた硝子は、耳の障害で、

将也は硝子をからかい、いじめにまで発展してしまう。

それは見て見ぬふりをする他のクラスメイトも同罪だったはずた。

しかしそのいじめが深刻化してしまい、物議をかもし、

それまで仲良くしていた友達や、担任の教師まで..態度を豹変させて

将也を責めていきます。

一転して将也はいじめの対象になってしまい..硝子は転校してしまう。

そのあとに将也が気付いたのは、朝早く来て自分の机のらくがきを

消すために雑巾で吹き消していた硝子の姿..

あれは..

他のクラスメイトがいじめの対象に代わってしまった将也に対して、

いじめの言葉をらくがき

した将也自身の机だった。

なんであいつ....

そうなのです。硝子は耳が聞こえないことで補聴器をつけていましたが

発する声は、将也たちにとっては、奇異な感じで何を言っているのか

解りませんが、その時も冷たくからかう将也に対して

「友達になってください」と言っていたのでした>

でもいじめがきっかけで母親が転校させてしまう。


のち..高校へと進学した将也は、誰とも友達にならず

しゃべらない孤立した学校生活を送ります。

この時点ですでに、小学からのことがずっと尾を引いていたようです。

自分は生きる価値のない人間なんだ...

将也は思いつめていました。そして死を意識して、

身の回りのものや住んでいるアパートを契約解除するのでした。

そして彼は、死ぬ前に、やり残したことをかたずけようと考えます>

死ぬための資格が...罰が必要だと思います。

あの子...へ

自分への自責の想い..彼は硝子を捜して会いに行くのです。

小学校のころ犯した過ち..

でもこのときもまだ将也自身は、心の中で

俺はあいつ「硝子」が嫌いだと思っています。

でも俺は俺自身も嫌いなんだ.....

そして証拠が通う学校へ行き硝子をみつけける。

この時硝子は逃げ出してしまう。

将也は転んで地面に付してしまうが、そこへいったんは

逃げ出した硝子が将也の手をつかんで、手のひらに

指文字を書きなぞり、「どうして?」...と聞き返した。

それに将也は手話で返答する。

このとき将也は手話ができるようになっていたんです。

それに驚く硝子...!!!

将也は「一言文句を言うために覚えたんだ」と答える

「お前の声が聞こえないためにいろいろと苦労したから..」

「あの時俺たちはお互いの声が聞こえていたらどんなによかったか..」

彼は自責の念や自分の気持ちを打ち明けていきます。

そして将也は、硝子に「俺たち友達になれる?」と聞きます・

そして硝子はそんな将也の手を握り締めるのです。

再び硝子のところへ訪れたときに将也を硝子に合わせないようにとする

硝子の妹や、孤立していた高校生活で、あるきっかけで

将也に親友とも呼べる友達が出てきたりと展開していきます。

小さいころから姉のことを見ていた妹も、最初は

将也に対して敵対心をむき出しにしますが、

それも次第に将也の本心を知ることで、敵対心が氷解して

将也の自宅で一緒にご飯を食べるまでに打ち解けていきます。

硝子が日課としていた橋から鯉への餌やりを将也も付き合うようになり、

お互いがそれなりに交友を紡いでいた時、話の流れで、

将也が..

小学校のころの同級とメールのやり取りしたいなんて思わないよね???

と聞きますが、硝子はひとり連絡先知りたい人がいると打ち明けます。

それが唯一、耳の不自由な硝子に優しく世話してあげて..その結果

クラスメイトから陰口叩かれてしょげてしまい、

そのうち不登校になってしまった「佐原」だった。

将也はそんな硝子とために、なんとか佐原を探し出して会わせるのでした。

再会を喜ぶ二人の姿をみて、将也は...

俺が硝子から奪ったもの 「小学校生活...いじめで転校しなければその後

経験したであろう佐原たちとの思い出...」

それを、取り返さないといけない....!!!

二人の喜ぶ笑顔を見て、そう思います。



最後にこのDVDが発売されるのも来年だろうけど

待ち遠しい.....アニメでもぜひ見てみたいから...



聲の形7巻【電子書籍】[ 大今良時 ]